LIBRARY 映像ライブラリ

一般財団法人東海冠婚葬祭産業振興センターでは、人生の大切な儀式について紹介した映像を製作し、貸し出しを行っています。

変わりゆく葬儀〜今問われる、葬儀に隠された願い〜

最近は、小規模な家族葬と呼ばれる身内だけの葬儀や、都心では病院からそのまま火葬場へ向かう事例(直葬)も見かけるほど、葬儀そのものが変化しています。
そこには、「なぜ葬儀を行わなくなったのか?」ではなく、「葬儀を行う理由を見失っていないか?」という疑問が隠されているのではないだろうか。
葬儀の本質を見つめ、葬儀の大切さや必要性とは何か?

恋愛観・結婚観

晩婚化・晩産化が進み、生涯未婚率も上昇し続けている昨今、若い女性が無理に結婚をせず独身を選ぶ「非婚」という言葉まで聞かれます。
はたして、イマドキの若い女性は、仕事と結婚、さらには出産・子育てをどのようにイメージしているのでしょう。
近い将来、社会に羽ばたくであろう女子高生・女子大生の結婚に対する率直な思いと、結婚に至るまでの恋愛観などをインタビュー形式で聞き取ります。 ◆本編より―― 内閣府が恋愛に対する考え方を調査しました。少子化対策のために実施された意識調査です。
「積極的に異性にアプローチするか」という問いに対しては、20%が「はい」、「異性からアプローチがあれば考えるか」には、34.9%が「はい」と答えています。
一度振られると、恋愛は一気に面倒なものになります。そして、恋愛を飛び越えた「いきなり結婚族」という独身者もあらわれました。

プロデューサー ■山田幸秀
協力 ■株式会社ジオット、有限会社エピオン
脚本・演出 ■五藤文夫

人口減少社会と葬送の未来

人口減少のスピードは緩むことがなく、それが社会の変化を加速させています。そんな中、頑なに守ってきた結婚式や葬儀などの儀礼も、ますます簡略化がすすんでいます。とりわけ葬儀は、大都市では「直葬」が目を引くようになり、「ゼロ葬」も雑誌の誌面で盛んに取り上げられるようになり、三世代同居の少ない現代では、墓石の継承などの深刻な問題も含んでいます。
将来の日本は? 人口減少社会下の日本人は幸福? 人と人とを結ぶ冠婚葬祭は経済やコミュニティが崩壊しても存在理由はある?
これらいくつもの疑問を追求し、日本における葬送文化の将来は… ◆本編より―― 親鸞はいった。「死んだら野辺に打ち捨てておけ」と。
中江兆民も夏目漱石も、葬儀を拒否した。
しかし、葬儀は、遺された者たちのためにある。
悼む気持ちを共有する人たちが、葬儀で出合い、縁を結び直し、生きていく。

出演 ■小谷みどり(第一生命経済研究所主席研究員)、釈 撤宗(浄土真宗本願寺派如来寺住職)
ナレーター ■山下舞弓
プロデューサー ■山田幸秀
脚本・撮影・演出 ■五藤文夫

小学生のためのブッダ

世界有数の仏教国でありながら、日本人の多くは仏教の開祖ブッダのことをよく知りません。ブッダとは何者か。ブッダはどこで生まれたのか。そして、ブッダが残したとされる言葉の意味は何か――
花園大学文学部仏教学科・佐々木閑教授の監修により、『ダンマパダ(真理のことば)』を映像化し、ブッダの教えを辿りました。 ◆本編より―― 人の死というものは、その人が生きてきた長い人生の集大成であり、何十年も積み上げてきたその人の行いや思いが、死を迎えることで完成するのです。
ブッダが80歳で亡くなった時、弟子たちはブッダのために最高のお葬式をしました。お葬式は、亡くなった人の人生を大切に慈しむための儀式であると同時に、「生きることの大切さ」を皆で確認するための儀式でもあります。
人が生きるということ、そして死ぬということ、私たちにとってとても大切なこの問題をしっかり考えることが、お葬式の本当の意味なのです。

原案・監修 ■佐々木 閑 (花園大学文学部仏教学科教授/「真理のことば」)
キャスト ■増山遼平、山下舞弓、可児大我、熊崎草大、鳥居祐里
ナレーター ■小堀勝啓 (CBCアナウンサー)
プロデューサー ■山田幸秀
脚本・演出 ■五藤文夫

葬儀で読まれるお経

天台宗のご葬儀では、「法華経」のほか、「阿弥陀経」「光明真言」が読まれています。
故人は仏様の光と言葉によって極楽浄土に導かれます。

真言宗の葬儀においては、「般若理趣経」を読み、「慈救の呪」を唱えます。また、阿弥陀如来の「陀羅尼」や「光明真言」、「南無大師遍照金剛」という御宝号などを唱えます。

浄土宗では、人は死後、極楽に生まれると考えています。葬儀は、その浄土に生まれるように阿弥陀様の来迎をいただく儀式として、「無量寿経」「阿弥陀経」を唱えます。

臨済宗の葬儀で読まれるお経は、「観音経」「金剛般若経」、そして「大悲呪」などです。
また、葬儀の中で重要な箇所は、引導と呼ばれる部分です。

浄土真宗では、ご葬儀を阿弥陀様に対する感謝の儀式と考えています。
葬儀のときには、「正信偈」、阿弥陀の名号、「阿弥陀経」などを唱えます。

曹洞宗のご葬儀では「法華経」と、道元禅師の主著である「正法眼蔵」より抜粋された「修証義」が唱えられます。

「南無妙法蓮華経」と唱えれば法華経の功徳がすべて備わると考える日蓮宗。葬儀では、法華経の「方便品」「如来寿量品」、お題目を唱えます。

人生儀礼

1.人生儀礼 ~出産から初節句~
□約20分
■なぜ、お食い初めの膳に石を用意する?
■命名日はいつする?
■岩田の意味は?
■お宮参りはなぜする?
・・・・・・など

2.人生儀礼 ~七五三~
□約13分
■千歳飴を持つのは?
■紐落としと言うのは?
■11月15日に祝うようになったのは?
・・・・・・など

3.人生儀礼 ~成人式~
□約10分
■成人式とは?
■成人の日

4.人生儀礼 ~結納~
□約28分
■結納の仲人の役割とは?
■決め酒にはどんな意味がある?
■中部地方での習わし「色替」とは?
■結納のルーツは?
・・・・・・など

5.人生儀礼 ~神前結婚式~
□約19分
■三々九度の作法とは?
■雅楽とは?
・・・・・・など

注意事項

1. 著作権法により複製は固く禁じられております。
2. 返却期限は厳守願います。
3. 万一破損した場合は、すみやかに財団事務局までご連絡して下さい。場合によっては弁償していただくこともございます。
4. 郵送又は宅配便ご希望の場合は、貸出・返却とも送料は、申込者の負担とさせていただきます。
5. 営利を目的に使用しないこと。
以上の注意事項に同意の上、お申し込み下さい。

DVD利用申し込み

「DVD利用申込書」をプリントアウトしてご記入の上、FAXまたは郵送にて申し込みください。
原則1巻の貸し出しとさせていただきます。ご不明な点は、事務局までお問い合せ下さい。

一般財団法人 東海冠婚葬祭
産業振興センター 事務局

〒451-0042
名古屋市西区那古野2-7-20
TEL:052-571-5021/FAX:052-571-5037