豆知識

仲人
結婚が簡略化され、結婚式も多様化する今日。
仲人の役割も様代わりを見せています。
しかし両家のおつきあいをはじめ、仲人の存在は、
結婚に関わるそれぞれの儀式で大切なことには変わりありません。
◆仲人のはじまり
仲人の起源は仁徳天皇40年の2月のこと。雌鳥(めとり)の皇女をお妃にするため、異母弟の速総別尊命(はやふさわけのみこと)を仲立ちにしたという話しが記紀に書かれています。ここに出てくる「仲立ち」という言葉が仲人のはじまりとされています。

◆仲人には2種類ある!?
<実質仲人>
 二人の引き合わせから始まり、婚約・結納・挙式と、給び付き全般を取り持つ文字通りの仲人です。
<頼まれ仲人>
 恋愛結婚の二人の結婚式の立ち会い人となり、披露宴の挨拶などを行なう仲人のことです。

※「媒酌人」とは挙式、披露宴で媒酌の労をとる人のことをさし、最近では仲人と兼ねる場合が多いようです。

◆仲人の役割
 仲人は結婚の使者であると共に立ち会い人、証人も兼ねています。また二人にとっては相談役・指導役とも言えます。媒酌人としての仲人の役目は、式当日は1時間前には式場入りし、本人や両親、親族などに挨拶をすると共にスケジュールを確認。また媒酌人夫人は新婦の着付けにも立ち会い、介添え役も務めます。



 

◆仲人の資格
独身者でも、夫婦でない二人でもかまいません。また世話人(主に見合いまでのプロセスを受け持つ人)、仲人、媒酌人は同じ人でも違う人でもかまいませんが、家柄を重んじる際には、媒酌人は特に地位の高い人にお願いするケースが多いようです。

◆仲人への謝礼
結婚式が終わった一両日中に、両家の両親が持って伺うのが基本。金銀の水引の祝儀袋に、結切りか鮑結びを用います。表書きは「御礼」「寿」のどちらか。金額は結納金の15%程度(挙式のみお願いした場合は10%程度)が一般的です。

◆仲人の呼び方
 地方独白の通称があります。
青森
神様
岩手
イイトコ様
宮城
天下様、御指南様
新潟
さいばんにん
埼玉
出雲の神様
福井
仲媒人
長野
ハネオヤ
三重
中親
香川
将軍様
沖縄
ナカイリ

仲人Q&A
「月下氷人」って何のこと?
中国に伝わる「月下老」と「氷上人」の2つの話しが語源です。どちらも縁結びの神様の話しであることから、2つを合わせて「月下氷人」という言葉になりました。現在では仲人の雅語として使われています。